画期的なアラームアプリを見つけたので試してみました。その名も『Glimmer』、光る目覚まし時計です。起きる時間の少し前から画面が少しずつ明るくなっていって、その光で自然に目が覚めるという仕組みになっています。そんなので起きられるだろうか、と半信半疑でしたが、なかなかいい感じなんですよ。毎朝、大音量アラームでギリギリ起きているという方におすすめしたいアプリです。

快適な目覚めのための設定

『Glimmer』のアラームは、

  1. 30分前から徐々に画面が明るくなる
  2. 前アラーム(自然音)が流れ始める
  3. もし起きなかったら1分後に通常アラームが鳴る

という感じで、光で起きられる!とは言ってますが前アラームが結構重要な存在です。

アラームの追加

まずはアラーム時刻の設定です。ホーム右の時計アイコンをタップします。

アラームの追加

右下の”+”でアラームを追加できますが、はじめて設定するときは注意書きが出てきます。何故か開発者の写真付きですが、バッテリー節約系アプリを使用している場合は注意、とのことです。

バッテリー節約系アプリに注意

テーマと音楽の選択

真ん中のアイコンからアラームの詳細設定をしていきます。まずはアラームのテーマ。これは、アラームのデザインですね。フリー版では2種類から選べます。

アラームのデザイン

前アラームと通常アラームの音楽を設定します。特に重要なのが、前アラーム音楽。明るくなっていく光と共に流れる音楽なので、心地よいものを選びたいですね。

前アラームと通常アラーム

前アラーム音楽の選択画面です。音楽ライブラリでは自分の好きな音楽を設定できますが、フリー版では使用できません。”デフォルトのサウンド”に前アラーム用の音楽が入っているので、タップします。

デフォルトのサウンド

5種類あります。たまには火山で目覚めるのも悪くないですよね。

アラーム音の選択

その他の便利機能

夜間モードは、眠りにつくのに邪魔なスマホの機能を停止させてくれます。ただし、フリー版では開始時刻設定ができず22:30固定、夜間モードを解除する昼間モードも8:30固定です。フリー版ではオフにしておくのが無難ですね。

夜間モード

寝る時間お知らせは、アラーム設定時刻から睡眠サイクルを逆計算して、寝る時間をお知らせしてくれます。

寝る時間のお知らせ

実際に使ってみる

使ってみた上での注意点と、30分かけて画面が変化していく様子を紹介します。

使用上のポイント

部屋を暗くしておく

光るといっても所詮スマホ画面の明るさなので、周囲の環境が重要になってきます。時間帯によっては難しいと思いますが、なるべく部屋を暗くしておくと最大限の効果が発揮されます。

スマホが十分に充電されていること

画面を高輝度で点灯させるのでバッテリーには気をつけたいです。充電コード繋ぎっぱなしがベスト。

機種によっては通常アラームが鳴らない?

光アラームで起きれなかった場合、1分後に通常アラームが鳴るはずなのですが……鳴らないです。え、そういう意味じゃないのか?と、調べてみましたが、他のユーザーは普通に鳴ってる模様。端末とアプリの相性かもしれません。

他のアラームとの併用がいいかも

うっかりホームボタン触ったりすると、ロック画面に切り替わってしまうんですよね。その場合、再度『Glimmer』を立ち上げないとアラームが止まったままになってしまいます。上記の通常アラームの件もあるので、念のために他のアラームを併用しておいた方が安心です。

アラームの止め方

ホームボタン押せば止まってしまうのであまりこの方法は使ってないですが、正式には画面右下の時計マークから指を左側へスライドさせます。

アラームの停止方法

3つの項目のどれかをタップします。“スヌーズ”は10分間アラームを延長させます。通常のスヌーズのように10分後にまた鳴る、というわけではなくて、10分間余分に光り続けるという感じです。”時計”は、アラームが止まり画面に時計が表示されます。アプリを終了させたい場合は、”終了”を選びます。

スヌーズ

30分間の画面の変化

画面の明るさの変化とか音楽とかがアラームの特徴なのですが、雰囲気だけでも伝わればと思います。

30分前。画面が点灯します。スクショ撮ってびっくりしたのですが、なんだか分からないくらい暗いですね。実際には、わずかに画面が光っているので、もう少しはっきり見えます。

画面の変化30分前

20分前。時刻が明るくなりました。まだまだ輝度も低く、まず目が覚めることはないです。

20分前

15分前。画面がほどほどに明るくなり、前アラームが流れ始めます

15分前

10分前。この時点で最高輝度かと思われ、前アラームの音量も大きく聞こえます。音楽を火山に設定しているのですが、恐竜らしき生き物の騒ぎ声で大体目が覚めます。

10分前

2分前。白背景に最高輝度なので、かなり画面が明るく感じられます。この画面になる前に起きるか、アラームに気付かないかのどちらかなので、あんまり見ることないんですけどね。この後は変化がなく、設定時刻になるとアラームが止まります。

2分前

プレミアム版について

プレミアム版では、フリー版だとロックされているいくつかの機能が使用できるようになります。

  • 30分前ではなく任意の時間を設定
  • 自分の好きな音楽を流せる
  • 夜間モード開始の時刻設定
  • アラームのテーマが増える

等々。課金をすることでプレミアム版のロックが解除されるのですが、ちょっと変わっているので紹介しておきます。

ロック解除の案内をタップすると、突然開発者ニコラスさんが出てきます。いかにも海外製アプリっぽくていいですね。

プレミアム版

コーヒーの下にも金額の違ういくつかの項目が並んでいますが、どれを選んでもロック解除されるようです。プレミアム版の機能も魅力的ですし、ニコラスさんのドリームライフに貢献してみてはいかがでしょう。

ニコラス

『Glimmer』のおすすめポイント!

  • 光で起こしてくれる優しいアラーム
  • 自然音で爽やかな朝を迎えられる
  • 大音量アラームに頼る必要がなくなる

『Glimmer』のダウンロード

ダウンロード