ウェブブラウザ、何使ってますか?なんとなくデフォルトでインストールされているものをそのまま使っている方も多いのではないでしょうか。『ドルフィンブラウザ』はスマートフォンでの使用に特化して開発されてきたウェブブラウザです。PCブラウザとしても有名なChome、Fiefox、Safariなどに比べ知名度は劣りますが、非常に使いやすいブラウザとなっています。細かいところまでカスタマイズすることができるので、自分にとって最適な使い心地にすることも可能な『ドルフィンブラウザ』の特徴と便利なアドオンを今回は紹介したいと思います。

他のブラウザとはここが違う!『ドルフィンブラウザ』3つの特徴

『ドルフィンブラウザ』は独自のレンダリングエンジンを搭載した速さがウリのブラウザです。しかし、それだけではなく他のブラウザにはない便利な機能がありますので、使い方を説明しながら紹介します。

広告をブロック

有用な情報である場合もありますが、”広告”、邪魔だと思いませんか?特にわざとタップさせようとしているんじゃないかとも思えるスクロール広告にイラついた経験、少なくないはずです。『ドルフィンブラウザ』では広告ブロック機能が利用できます。

サイトの都合上、広告を消しているので分かりずらいかもしれませんが、広告が表示されています。下にあるスーって降りてくるタイプのスクロール広告、嫌なんですよね。

広告邪魔

アドブロックを機能させるには、右上のジグソーパズルのようなアイコンをタップしてコントロールパネルを表示します。

アドブロック

アドオンのアドブロックにチェックを入れます。緑色になっていればOK。ちなみにインストールした状態で、すでにオンになっていました。

チェック

すべての広告が消えました。ただし、広告の種類によっては消えないものもあるようです。

広告消えた

多彩なジェスチャー機能

現在ではジャスチャー機能を搭載したブラウザは少なくないですが、ブラウザでジェスチャー機能を初めて搭載したのは『ドルフィンブラウザ』なんです。設定できる動作がとにかく多いのが特徴。では、まずジェスチャの入力の仕方から見ていきましょう。

画面下中央のイルカアイコンを長押しします。ジェスチャ入力のアイコンが出てきたら、そのまま画面から指を離さずにスライド。

イルカアイコン

ジェスチャ入力の画面になりました。試しに”G”と書いてみます。

ジェスチャー

Googleのトップページが開きました。デフォルトでいくつかのジェスチャが登録されていて、”G”にGoogleトップページが割り当てられているのです。これらのジェスチャは、自分の使いやすいようにカスタマイズすることができます。

ジェスチャー登録

では、ジェスチャの設定方法を見てみましょう。まず、イルカのアイコンをタップするとメニューが出てくるので、設定をタップ。

ジェスチャー設定

”ジェスチャとソナー”を選択します。

ジェスチャーとソナー

Googleのトップページを開いたときのように、自分の好きなページを開くジェスチャを設定することもできますが、今回は”その他のアクション”を見てみます。

その他のアクション

デフォルトで主要なアクションにジェスチャが割り当てられているのが確認できます。もちろん、自分の使いやすいジェスチャに変更することも可能です。

ジェスチャー登録

下にスクロールしていくと、ジェスチャを割り当てできるアクションが並んでいます。ここに写っているのは一部で、ほとんどすべての動作があるんじゃないかと思えるくらいたくさんの項目があります。

アクション一覧

今回は”すべてのタブを閉じる”にジェスチャを設定することにしました。いつの間にかタブがたくさん開いている、ということが多々あるので、ジェスチャだけで全部閉じられるのは便利ですね。

すてのてタブを閉じる

ジェスチャの登録画面になるので、好みのジェスチャを設定します。あまりにも複雑だったり、すでに似たようなジェスチャがある場合は警告がでてきます。完了をタップしたら、設定完了。ジェスチャとして呼び出せるようになります。

好みのジェスチャーを設定

FLASHの閲覧

2020年には、完全にサポートを終了するといわれているフラッシュ。スマホでの利用は基本的に考慮されていません。しかし、まだまだフラッシュで出来たサイトも多く、スマホで閲覧したいという時もありますよね。『ドルフィンブラウザ』ならFlashの閲覧も可能です。

ただし、インストールしただけの状態ではFlashを閲覧することができません。Flash Playerの状況確認で、Flashが非対応であることを確認できます。『Flash Master』というアドオンが必要になるので、ダウンロードしましょう。

フラッシュ問題

『Flash Master』はアドオンで追加することができます。まず、右上のジグソーパズルのようなアイコンをタップ。コントロールパネルが出てくるので、アドオンの横にある”+”をタップします。

Flash Master

アドオン一覧がでてきますが、『Flash Master』を選択します。『Flash Master Lite』という似たような名前のアドオンもありますが特殊なAndroid向けなので、一般的なスマホでは『Flash Master』で大丈夫です。

Android向け

ダウンロードをタップすると、ストアに移動するのでインストールします。

ダウンロード

再度ブラウザを開くと、Flashが閲覧できるようになりました。注意点として、すべてのFlashが動くわけではないことや、重たいゲームなどは非常に動作が遅くなることなどがあります。あくまで簡易的な閲覧方法として利用するのが良いと思われます。

フラッシュ閲覧

『ドルフィンブラウザ』を使いこなす、便利なアドオン2選

『ドルフィンブラウザ』はアドオンを追加して便利な機能を追加することができます。アドオンの追加方法は『Flash Master』を入れた時と同じです。では、いくつかある中で、個人的に便利だと感じた2つのアドオンを紹介します。

ページ全体スクショが可能な『スクリーンカット』

通常のスクリーンショットとは違って、部分的に撮りたい部分を選択できたり、スマホの画面には収まっていないページ全体を撮ることができます。特にページ全体をワンタップで撮れるのはとても重宝します。

スクリーンカット

スクリーンショットを撮りたいページで、アドオンの『スクリーンカット』をタップします。すると、部分キャプ・画面キャプ・ページ全体の3つの方法が出てくるので、撮りたいタイプを選びます。

画面キャプチャ

試しに、Yahoo検索でFlashと検索した画面を、”ページ全体”でスクリーンショットを撮ってみました。長いですが、ページ丸ごとスクショできているのが分かるかと思います。ちょっと画像が荒くなるのが難点ですが、メモ代わりに使うような場合では問題のない程度です。

ページ全体をスクリーンショット

メモリクリーナー『ドルフィンブースト』

別のアプリでメモリクリーナーを入れている方もいるかもしれませんが、『ドルフィンブースト』はブラウザからアドオンとして起動できるので手間がかかりません。ちょっと動作が重いなと思ったときにワンタップで高速化が図れます。

ドルフィンブースター

使い方は、アドオンの『ドルフィンブースト』をタップすると、このような画面になるので、”ブースト”をタップするだけです。

ブーストをタップ

チェックマークがでたら完了、”OK”をタップして『ドルフィンブースト』を終了させます。電池使用量もセーブしてくれるので、定期的に利用したいですね。

電池使用量もセーブ

『ドルフィンブラウザ』のおすすめポイント!

  • 広告を消せるアドブロック機能
  • 片手で操作簡単ジェスチャ機能
  • 本来非対応のFlashが閲覧できる
  • アドオンでさらに便利な機能を追加できる

『ドルフィンブラウザ』のダウンロード