YouTubeが流しっぱなしにできる時代になったから、もうネットラジオはいらないって?そんなことはないですよ。ネットラジオにはネットラジオの魅力があります。ピンポイントに聞きたい曲があるっていうのなら別ですけど、なんとなく曲を流したいというような、『ながら作業』には最適ですよね。思いがけず、知らない曲に出会えるのも良いところです。操作感が良く、好みの曲をチョイスしやすい3つの音楽系ネットラジオアプリ『Accu Radio』と『Jango Radio』、『Radio Tunes』を紹介します。

アプリをインストールする前に

インストールして使い心地を試してみるのがアプリの醍醐味でもありますが、意にそぐわない可能性もありますので、注意点を挙げておきます。

J-POPはあんまり無い

『RadioTunes』にかろうじて『Jpop』チャンネルがありますが、どのアプリでもJ-POPをメインに聞くのには向いていません。3つともアメリカが配信元なので、選曲も謎だったりしますね。逆に言うと、その他のジャンルはほぼ網羅していると思います。

初回登録が必要

3つとも最初にメールアドレスとパスワードを登録しなければならないので、ちょっと足踏みしてしまうんですよね。しかし、一度登録すれば、複数端末でお気に入りチャンネルが同期できますし、PCでもラジオが聞けるので面倒臭がらずに登録しましょう。

『AccuRadio』はジャンル豊富なラジオアプリ

AccuRadio
  • 曲スキップ機能
  • 曲の5段階評価
  • 曲やアーティストのBAN
  • その曲のCD情報をシェア

ネットラジオのデメリットは、自分の好みではない曲も聞かなければないことが挙げられますが、『Accu Radio』なら曲のスキップが可能です。また、曲やアーティスト単位でのBANができるので、ストレスフリーに音楽を楽しむことができます。登録チャンネルは豊富すぎるくらい豊富です。豊富すぎてほどんどのジャンルでチャンネルの違いがよく分かりません。

特徴と使い方

ホーム、ジャンル、履歴、お気に入り、の順にメニューが並んでいます。メニューをスライドすると設定も出てきます。

AccuRadio特徴

初めてラジオを聞くときには、キーワードで検索するか、ジャンル別にチャンネルを探すのですが、ものすごい数のチャンネルが存在しています。

AccuRadio検索

大まかなジャンルを選択したら、さらに細かく分けられたチャンネルを探していきます。

AccuRadioチャンネルを探す

個人的によく聞いているチャンネルはClassiclal>Soloists:Hornsです。Hornsはホルンではなくトランペットとイングリッシュホルンなのですが、トランペットの専門チャンネルがあるってすごい。知る限りでは楽器別のネットラジオってここだけですね。

AccuRadio楽器別

星マークのアイコンから、5段階で曲の評価をすることができます。公式ページによると、評価が高いほどよく流れるようになるとのことです(Google翻訳)。他のユーザーにも影響するようなので、慎重に。

AccuRadio評価により選曲が変わる

左から2つめのアイコンはBAN機能で、今聞いている曲やアーティストをチャンネルから除外することができます。

AccuRadioアーティスト除外

もし間違ってBANしてしまったときは除外リストから元に戻せるので安心です。

AccuRadio除外リスト

ステータスバーでの表示です。曲名出てくるのは良いんだけど…曲を停止したりスキップしたり出来ません。バックグランドで流しているときは、一度アプリを開かないといけないのが、ちょっとストレスです。

AccuRadioステータスバー

『AccuRadio』のまとめ

とにかくチャンネル数が多いので、選択に迷うくらいです。いろいろ聞き比べながら好みのチャンネルを探していくのも楽しいですね。補足ですが、スキップ式の音楽ラジオとクラシックはあまり相性が良くありません。CDのトラック単位での選曲になるので、長い曲が多いクラシックだと曲の中途半端なところから始まって、中途半端に終わることが多いんですよね。一曲を楽しむ感じではないですけど、好きな演奏家を見つけたり、知らない曲を見つけたりするのには良いと思います。

『AccuRadio』のダウンロード

AccuRadioダウンロード

洋楽好きなら『Jango Radio』がおすすめ!

Jango Radio
  • 曲スキップ機能
  • 好き嫌いの2段階曲評価
  • 好みのアーティストを登録
  • スリープ機能
  • 音質は3つから選択
  • CDの詳細情報表示

スキップ可能で、システム面では『AccuRadio』と同じような感じですが、好きなアーティストを登録して、自分のステーションを作ることができるのが大きな特徴です。洋楽に疎いので、十分に魅力を紹介できないのが申し訳ないのですが、ほとんどの有名アーティストの名前が出てくるんじゃないでしょうか。登録したアーティスト情報から、似たようなテイストのアーティストの曲をチョイスしてくれます。

特徴と使い方

『+』マークをタップしてアーティスト名を登録し、ステーションを作成します。アーティスト名が思い浮かばないときは、左上のメニューアイコンをタップ。

Jango特徴

『Explore』に、設定済みのステーションがあるので見てみましょう。

Jangoステーション

設定済みステーションを選んでみました。何人かアーティストが登録されています。ここにあるアーティストの曲だけが流れるのではなく、関連しそうな曲をブレンドしてくれます。

Jango関連曲

メイン画面です。画像をタップすると、そのCDの詳細情報を見ることができます。Likeするとその曲がより多く流れるようになり、Dislikeすると、ステーション内でその曲がBANされます。

Jangoメイン画面

ステーションの編集画面です。曲の選択具合の調節と今登録しているアーティスト情報からおすすめのアーティストをおすすめしてくれます。ワンタップで追加できるのは便利なのですが、一度追加してしまうと編集できないのがちょっと不便ですね。

Jangoおすすめアーティスト

設定画面から、オーディオクオリティを選択できます。ミディアムが推奨らしく、デフォルト設定ではミディアムになっています。

Jango音質

ステータスバーでのメニューです。シンプルで分かりやすいですね。

Jangoステータスバー

『Jango Radio』のまとめ

機能面では一番優れている気がします。洋楽好きな方なら『JangoRadio』ひとつ入れておけば満足できそうですね。ひとりアーティストを登録すると、おすすめのアーティストをリストアップしてくれるので新分野の開拓にも向いています。歌物ではないジャンルの曲も結構取り扱っていそうなので、とっかかりとなるアーティストさえ見つかれば芋づる式にアーティストを登録して好みのステーションに仕上げることができそうです。

『Jango Radio』のダウンロード

JangoRadioダウンロード

安定感を求めるなら『RadioTunes』がおすすめ!

RadioTunesダウンロード
  • 曲お気に入り登録
  • 前に流れていた曲の情報表示
  • スリープ機能
  • 音質は3つから選択(有料限定含む)

もともと『SKY.FM』という名前のネットラジオで、40kの低音質ビットレートがあり、低速回線でも安定して曲を流し続けられるという利用方法がありました。が、多分名前が変わったときにアプリもリニューアルして最低音質は64kになっています。上記2つのアプリのようなスキップ機能はありませんが、そのかわり曲のチョイスが安定していますね。バラエティに富んだチャンネルが揃っており、気軽に音楽を聴きたいときには最適です。

特徴と使い方

『All』ではすべてのチャンネルがリストアップされています。

RadioTunes特徴

『STYLES』では、チャンネルをジャンル別に分けてあるので、分かりやすいですね。

RadioTunesジャンル別

『NewAge』のチャンネルリストです。雰囲気別の選曲チャンネルがあるので、リラックスに最適です。特におすすめなのが『Solo Piano』。クラシックでもジャズでもないピアノの専門チャンネルって意外と少ないので、愛聴してます。選曲がめちゃくちゃ好みなんですよね。

RadioTunesピアノチャンネル

メイン画面では、前に聞いていた曲情報も出てくるのですが、スライドではなくて、タップで操作します。

RadioTunesメイン画面

64kでも十分だと感じるのですが、プレミアム会員になると320kの高音質ビットレートを選択できます。モバイル回線とWiFiそれぞれに設定できるのが便利です。

RadioTunes音質

タイマーを呼び出せるので、睡眠時にラジオを聞くような使い方もできますね。

RadioTunesタイマー機能

Likeボタンを押しておけば、あとで曲情報を振り返ることができるので便利です。Dislikeの方は、タップしても表向きの変化はありませんが、多分統計をとって選曲の参考にしているのでしょうね。

RadioTunes likeボタン

ステータスバーでのメニューです。両端は、戻る進むではなく、チャンネルの切り替えになります。

RadioTunesステータスバー

『RadioTunes』のまとめ

『AccuRadio』や『JangoRadio』はマニア向けというか、自分が聞きたいジャンルがはっきりしている方には重宝しますが、そうでないと、まずチャンネル選択に迷うと思います。その点、『RadioTunes』は適度でセンスの良いチャンネルが揃っているので、お手軽なのがおすすめのポイントです。また、『RadioTunes』の開発元が、他にジャンル別のネットラジオアプリを出しているので、そちらではより専門的なチャンネルを楽しむこともできます。

『RadioTunes』のダウンロード

RadioTunesダウンロード

さいごに

他にもネットラジオアプリはたくさんありますが、この3つは使いやすいので、どれもインストールして気分に合わせて使い分けしています。たまに、いつも聞かないようなジャンルのチャンネルを聞いたりすると、意外な良曲に出会えるのも楽しいですね。そんなときに、今流れている曲の情報をぱっと見ることができるかどうかが、ネットラジオアプリを選ぶ上でのポイントです。気軽に音楽が聞けるネットラジオアプリをインストールして、音楽ライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。