スマホの進歩とともに簡単にアプリで本格的な絵を描けるようになってきました。最近では筆圧感知の技術が上がり、専用端末や専用ペンを使えば線の太さや細さを筆圧で変えることも可能になっています。そんな日々進化を遂げているペイントアプリの中から、スマホユーザーに人気のものを厳選して集めてみました。これからスマホアプリでお絵描きを始めたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

アイビスペイントX

アイビスペイントX

『アイビスペイントX』は多数のスクリーントーンや素材を作画に用いることができる本格ペイントアプリで、オンラインギャラリーを選択することで、全国のユーザーが描いた絵を閲覧することも可能です。また描いた絵の手順をアプリが記憶しているので、早送りでその工程をチェックしていけるのが『アイビスペイントX』を使うメリットですし、絵が上手く描けないといった人がお気に入りの絵師さんの描き方を参考にしながら表現を学んでいけるのもおすすめのポイントです。無料ですがテクニック次第にはプロ顔負けの絵を完成させることができちゃいます。

おすすめのポイント

  • 様々な特殊加工を用いたペイントが可能
  • 絵を描く手順を録画してくれる
  • 全国のアプリユーザーの絵を閲覧できる

ちょっと残念な点

  • 特殊ブラシを活用するために閲覧する広告動画がやや長い
  • 保存方法や絵の削除場所が少し分かりづらい
アイビスペイントX

メディバンペイント

メディバンペイント

『メディバンペイント』はマンガやイラスト制作に向けのペインティングが行える本格お絵かきツールで、スマホに合わせたサイズ寸法で絵を描いていくことができます。また『メディバンペイント』にはコマ割りツールが利用できることから、マンガ作成における線引きやページ調整が簡単に行える点のメリットと言えるでしょう。水彩や平筆といったオリジナルのブラシも用意されていますし、ユーザーの創造力を邪魔することなく使用することもできます。小さなスマホ画面でもスライド1つでカラーやレイヤー調整ができるので、様々なツールを活用してぜひイラストの完成度を高めてみて下さい。

おすすめのポイント

  • マンガのコマ割り調整が簡単に行える
  • 完成したイラストはクラウド保存できる
  • キャンバスの幅と高さを利用用途に合わせて調整できる

ちょっと残念な点

  • 筆圧感知できない端末もある
  • サイドバーの引き出し箇所が限定的なので、キャンバス内に誤って描いてしまうことがある
メディバンペイント

pixiv Sketch

pixiv Sketch

『pixiv Sketch』は描いた絵をその場でシェアすることも可能なペイントアプリで、ラフに描いた落書きやスケッチ画を気軽に投稿することができます。また注目のタグからテーマに沿った絵をまとめて閲覧することも可能となっていて、お気に入りに感じた作品はハートを使って相手にリアクションを送れるようになっています。スマホ内に保存してある写真を使ってイラストタッチ風の作品に仕上げたり、白黒にカラーチェンジできるのも面白い機能の1つです。投稿するイラストに自分のコメントを付けることもできるので、お絵描きを通してコミュニケーションを取っていくことが可能です。

おすすめのポイント

  • 描いた絵をユーザーと共有できる
  • 写真のアレンジ加工も行える
  • ハートを使用して作者にリアクションを伝えられる

ちょっと残念な点

  • フォト加工の際に下部の写真選択が表示されないことがある
  • お絵かきをやめてスケッチブックに戻ると自動で保存されてしまう
pixiv Sketch

PicsArt Color ペイント

PicsArt Color ペイント

『PicsArt Color ペイント』は豊富なパレットの中から好きな色を選んでデジタルイラストを作成していける多機能なペイントアプリで、ピッカーやミキサーといった異なる手法で自分好みの色を探したり配合していけるのが特徴です。パステル等の指定の背景から創造力を膨らませてペイントを行っていくことが可能ですし、ブラシの技法を変更させたり、透明度を変えていけるのも『PicsArt Color ペイント』の持つメリット要素でしょう。出来上がったイラストはシェアすることもできるので、実力次第では人気絵師の仲間入りができるかも?

おすすめのポイント

  • パレットの配色を自在に変えられる
  • 塗りつぶし以外にも背景を指定のカテゴリーから選ぶことができる
  • ブラシの透明度や間隔の調整ができる

ちょっと残念な点

  • 1つのパレットに収められる色が限られている
  • キャンバスサイズの変更場所がやや分かりにくい
PicsArt Color ペイント

Autodesk SketchBook

Autodesk SketchBook

『Autodesk SketchBook』はスマホやタブレットでドローイングしていける簡単ペイントアプリで、メインの鉛筆に加えてエアブラシやチョークといった様々なアイテムをライブラリから取り出すことが可能です。描写スタイルをタップすれば、線分や楕円といった手書きでは上手く描けない作画も短い工程で終わらせることができますし、細かい作業がやりづらいスマホでも全画面表示に切り替えることで、ワークスペースを存分に使用していけるのも魅力的な機能と言えるでしょう。環境設定からショートカット操作をONにできるのもこのアプリならではの特徴です。

おすすめのポイント

  • 線分や四角形といった様々な描写が簡単に描ける
  • ギャラリーに作品の保存をしていける
  • ショートカットを使って同時タップ操作によるスクリーン切り替え等が可能になる

ちょっと残念な点

  • 特殊ブラシを利用するにはProツールへのグレード変更が必要
  • ダウンロード後のチュートリアルが簡略的
Autodesk SketchBook

さいごに

人気のおすすめペイントアプリはいかがでしたか?普段使っているスマホやOSの違いによっても使い勝手に差があるので、最初のうちは色々と比較してみて自分にあったものを探してみるといいと思います。今回ご紹介したペイントアプリは、幅広いユーザーに支持されたものを厳選したので、基本無料のアプリの中ではなかなかの使い勝手だと思いますよ!